コウノエ理論で身体快適!

コウノエベルトと骨幹理論で身体動作が抜群に改善

日常生活を快適にする〇〇選び

こんにちはminoです。

 

本日はタイプ別の

服選び

靴選び

を紹介します。

 

とくに日頃

運動をされる人

是非とも参考にして

ほしい内容です。

 

本当に動きが変わります。

 

特に靴選び

絶対に試して欲しいです!

 

 

●服選び

・うで体

上半身を主導

下半身で力を生み出すタイプなので

上半身は動きやすい

ゆったりしたウエアを選ぶ

 

・あし体

うで体とは反対で

下半身が主導なので

パンツ類はゆったりした

ウエアを選ぶ

 

 

●靴選び

・うで体

猫背姿勢=拇指球

(足裏の親指の付け根)

に重心があります。

かかとは高めで、

かかとの滑りが良い靴

 

歩き方の特徴として

かかとを引きずるように歩く傾向があり、

上半身が先行し、

足の甲側で持ち上げて歩きます。

甲部分が硬く、

幅は狭めがおすすめです。

 

ランニングシューズなら

今話題の厚底シューズがおすすめです。

 

・あし体

反り腰姿勢=かかとに重心があります

かかとが高いと反りが強くなり

腰に負担がかかるので

かかとが低く、できればソールが

フラットな靴がおすすめです。

 

歩き方の特徴として

かかとで押して上半身を運ぶイメージで

足裏を持ち上げるように歩きます。

かかとが丸く脱げにくい

甲はやわらかく、幅は広めがおすすめです。

 

私はこの反りタイプでして

本当にかかとの高い靴を履いて

長時間たっているとかかとが痛くなって

靴を脱いでしまいます。(笑う)

 

日課で朝ランしていますが

私のランニングシューズ選びは

ドロップは極力0を探します

あっても3ミリまで、

一番はかかとのフィット性

かかとがゆるい靴は走りにくいので

これも大きなポイントです

 

着るもの、履くもの

で体調も変化します

一度お試しください。

 

では

次回は椅子選び、寝具選びを

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

あし体におすすめのコウノエベルト

こんにちはminoです。

前回

うで体におすすめのコウノエベルトをお伝えしました。

今回はあし体の紹介です

 

あし体の人の基本姿勢は
背筋が強く腰がそった反り腰タイプ
右腰、右膝が外側に開いています。

反り腰姿勢なので腰痛で悩まれる方が

多いみたいです。

 
あし体の方は特に骨盤ベルト

有効ですが、

あしから始動するあし体は

足首ベルトがすごく効果的です

かかと重心のあし体

足首の負担も大きく

足首ベルトを巻く事で

足首が安定

腰への負担を軽減してくれます

 

着けているだけでも
自然と身体のバランスが
調整されるので
負担が少なく楽になります

 

あし体の方は
右腰が開いているので
右膝、右足首を痛めやすい
傾向があります。

 

膝や足首に不安があったら
不安のある方に着けると
解消されます。

 

コウノエベルトは
特殊なゴム構造になっているので
テーピングのように関節を固めません。
その為、筋肉は常に運動状態なので
筋肉が痩せる恐れはありません。

 

歪みが原因で痛む場合
歪みが改善されて
正しいポジションに身体が戻れば
痛みが改善されます。

 

健康維持には運動が一番!

 

コウノエベルトで歪みを改善して

楽しく運動しましょう!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

次回はタイプ別に

日常生活に役に立つ

情報をお知らせします 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うで体におすすめのコウノエベルト

こんにちはminoです。

前回
うで体うでから始動
あし体あしから始動
とお伝えしました。

 

タイプによって始動する部分が違います。
基本は身体のになる骨盤ベルトですが

 

それぞれの特性を活かし、
より良い動作をサポートする
コウノベルト活用法がありますので

 

タイプ別に分けて紹介します。

 

今回はうで体です。

うで体の人の基本姿勢は
背中が丸まった猫背タイプ
左腰、左膝が外側に開いています。

猫背姿勢なので腰痛よりも肩こりに
悩まれる方が多いみたいです。

 

そこで
うで体の方には
肘ベルトが効果的です。

 

着けているだけでも
自然と身体のバランスが
調整されるので
肩が緩んで楽になりますが

 

肘ベルトを着けて
手を肩の上に乗せて
肘を外回り内回りと回してみると
肩甲骨可動域が改善され
肩がもっと楽になります。

 

うで体の方は
左腰が開いているので
左膝、左足首を痛めやすい
傾向があります。

 

膝や足首に不安があったら
不安のある方に着けると
解消されます。

 

コウノエベルトは
特殊なゴム構造になっているので
テーピングのように関節を固めません。
その為、筋肉は常に運動状態なので
筋肉が痩せる恐れはありません。

 

歪みが原因で痛む場合
歪みが改善されて
正しいポジションに身体が戻れば
痛みはなくなります。

 

健康維持には運動が一番!

 

コウノエベルトで歪みを改善して

楽しく運動しましょう!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

次回はあし体をお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うで体、あし体って何?

こんにちはminoです

今回は鴻江寿治 氏の

骨幹理論の説明をします。

 

下の書籍がその内容なのですが

そもそも

「うで体?あし体?」って何???

「人生が変わる」ってどう変わるの??

???マーク飛びまくりですよね。

 

コウノエベルト愛用10数年の私が

解説したいと思います。

 

この理論は

プロ野球選手を中心にトップアスリート達へ

動作アドバイス、身体のケアをやられていた中で

発見された身体バランス理論になります。

 

では本題の「うで体、あし体」について

今回から熱くお伝えいたします。

 

まず人の体は大まかに2タイプに分けれます。

その分け方は

骨盤が左右どちらに開いているか

で分かれます。

骨盤って開いてるの?

何故?って思いますよね

 

一説では臓器は左右均等ではないので

重さが違いますよね

二足歩行の人間

その違いを均等に保つため

骨盤を左右どちらかを開いて

バランスを保つらしいです。

その特性から

この理論が生まれました。

 

 

 

●では「うで体」から始めます。

 

姿勢の特徴としては

左の骨盤が開き

(鏡で正面を見ると、左腰が下がって見えます)

左肩が上がってます。

 

立ち姿勢が前重心(拇指球より)

姿勢は背中が丸まった猫背が多いです。

 

走る、歩くでは

手は握って腕は後ろ側に振る

かかとの高い靴を履いても大丈夫

フォアフット走法ができる

つまずく時は左脚

 

そして動作は

うでから始動することでパフォーマンスが上がります。

 

*今年大きく投球フォームを変えた

プロ野球 読売巨人のエースが話題になってますよね。

 

 

 

●「あし体」

「うで体」と全く逆

右の骨盤が開き

(鏡で正面を見ると、右腰が下がって見えます)

右肩が上がってます。

 

立ち姿勢が後ろ重心(踵より)

姿勢は腰がそった反り腰が多いです。

 

靴の右足かかとが斜めに減る

走る、歩くでは

手はひらいて、腕は前側に振る

かかとの高い靴を履区と踵が痛い

フォアフット走法がやりにくい

ミッドフット走法が適している

つまずく時は右脚

 

 そしてこちらは、

あしから始動することでパフォーマンスが上がります。

 

プロ野球 福岡のエースがこのタイプです

 

 

今回はご自身のタイプを簡単に判断する方法です

上記を参考にしてもらえれば良いと思います。 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

次は

「うで体、あし体」に効果的な

おすすめコウノエベルトをお知られします。

 

 

 

 

正しく骨盤ベルト着けていますか

あなたは、うで体あし体の解説します!

なんて言いましたが

それより先に正しい位置に

着けることの方が重要なので

 

今回は動画を入手できたんで

先にこちらを貼り付けます

 

youtu.be

 

 

これを参考に

正しい位置に着けてください。

 

ベルトの長さですが

握りこぶし1個半と表示されていますが

走ったり、ゴルフなど運動時は

ズレたり、運動時に不快感が出るときがあるので

握りこぶし1個で使用してみてください。

 

私はこれで十分効果がありました。

 

ただし1個以下は効果が薄れるので

最低握りこぶし1個は開けてください。

 

では、次回は

うで体、あし体の話を書きます

 

正しい骨盤ポジションで怪我なく

楽しく運動をして健康な身体つくりを!

 

 

最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コウノエベルトで歪み改善

今日は私の使い方を紹介します。

 

10年前は、ほぼ毎日通勤時間に使っていました。

家から駅まで6分間の歩きに、電車に揺られて30分

会社に到着で終了!

ベルトを外してお仕事してました。

帰りも電車と駅から自宅まで着けてました。

 

今は、目覚めと共に骨盤ベルトを巻き

顔を洗い、準備体操、ストレッチをして

朝のランニングに行きます。

(ここまで、だいだい30分)

ランニングの時は着用してません。

理由は私は何か着けて走るのが好きじゃないから

だけど、友達は

「着けて走った方が姿勢をキープできるからいい」

て言ってますので、ここは好き好きですね

 

ランニングで使用する時のアドバイスあります

ベルトのサイズを少し大きくして着用した方が

ズレが少なくなるので調整してみてください。

 

朝に骨盤ベルトを巻くと

睡眠時に歪んだ身体をリセットしてくれる実感あります。

 

ランニングまでの30分程度の使用でも

毎朝使用することで効果あります。

 

ここで疑問が湧きますよね

そんなに良いモノなら、一日中着けないの?

はい!

着けません・・いや着けれません。

理由は、結構な締め付けがあるので長時間着用すると

さっきまであんなに気持ちよかったのに

身体が外して!サインを出します・・・

 

それがベルト周りのかゆみであったり痛さです。

 

どうしてそうなるのか?

それは身体の歪みの癖がついているからです。

人の身体って長年使っていた状態に戻ろうとする癖があります。

だから、例えば整体で歪みを整えてもらっても

足を組んだらその時点で元に戻ってしまう

そんな経験て無いですか?

 

なので、

このコウノエベルトは気持ちいい

感じる時間だけ着けるので良いんです。

長時間着けるのではなく

長期間使うことで歪みの少ない

自然な気持ちいい姿勢に整えてくれます。

 

ここ大事なのでもう一度

長時間着けるのではなく長期間です。

歪みの癖を整えるのには

新しい整った姿勢を定着させる期間が必要だからです。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

次は

鴻江寿治氏の書籍

「あなたは、うで体?あし体?」の

骨幹理論の私なりの理解で解説したいと思います。